放課後等デイサービス・児童発達支援「おもちゃ箱とは」家庭でも学校でもない「遊びで個性を育てる場所」

放課後等デイサービス「おもちゃ箱」は、行政の指定事業です。
発達障害の特徴がみられる児童生徒を対象に、放課後の居場所をつくると共に、適切なトレーニングを取り入れた遊びや勉強を行う場所です。
ご家族のレスパイトケアも進めています。

学校では集団行動を学び、家庭では家族のルールに合わせざるを得ません。
だからこそ、放課後の居場所ぐらいは自由でなければなりません。遊びを通して子どもの自発性を発見し、 本来もっている才能を引き出す支援をしています。これから社会にでていく上での適応性や集団のマナーを覚えてもらうとともに、障がいの有無に関わらず、すべての子どもが自立し、のびやかに育つ環境づくりを目指しています。