放課後等デイサービス・児童発達支援 おもちゃ箱 | FC加盟募集説明会開催 ビジネスパートナー募集中!

「放課後等デイサービス」の開設を待望とする声が寄せられています。「おもちゃ箱」は、ご利用者様のご要望に広くお応えすべく、FC加盟を募集しております!ご関心頂ける方、ビジネスパートナーとして社会的ニーズに貢献していただけませんか?

お問い合わせはこちらから

放課後等デイサービス「おもちゃ箱」とは

放課後等デイサービスは、児童福祉法に基づき行政の事業指定を受けた事業者が、発達に関する障害のある子ども、 若しくはその心配のある子どもたちを放課後や夏休み、冬休みなどの長期休業期間にお預かりし、ご家族と共にひとりひとりの成長や発達についての支援を行う施設です。
送迎付きの放課後学童クラブのような存在でもあります。子ども達の日常生活を見守り、成長の過程を支援するとともに、家族のレスパイト(休息)支援も担っています。

事業としての強みは?

  1. 専門家の巡回により、
    指導員や家庭環境のケア。チェーンによる
    ネームバリュー、成功ノウハウの蓄積で
    経営をサポートいたします。
  2. ノウハウを獲得した後は
    独立が可能なフランチャイズです。
    3~5年間のFC契約満了時には
    保証金を返還いたします。
    独立後もご要望をいただけましたら
    アドバイスや提携も可能です。
  3. 送迎に向うため、
    交通の利便性に関係なく
    開業が可能。
  4. 利用代金は国保連からの
    振り込みであるため、収入源が確実。
    需要が拡大の一途であるビジネス。
    まだまだ伸びる市場です。
  5. 国金負担により、
    利用者様の負担が少なく、
    利用頻度が高い。
  6. 利用者負担も少なく、
    保護者の就労や休息に繋がる為、
    定着率が高い。

事業としての将来性も抜群です!

保護者だけでなく、自治体からも高いニーズが寄せられております。

子どもの出生数は減少傾向ですが、
発達障害や自閉症等、療育を必要とする子どもは年々増加しています。
家庭環境の複雑化も現代社会が抱える深刻な問題です。
障がいのある子どもを持つ保護者や教育者のレスパイトケア(休息)が求められていますが、
全国的には、まだまだ、障がい児や保護者をケアできる支援施設が足りていません。

西日本支援学校児童数/放課後等デイサービス(利用普及率)

西日本 支援学校児童数/放課後等デイサービス(利用普及率)

東日本支援学校児童数/放課後等デイサービス(利用普及率)

東日本 支援学校児童数/放課後等デイサービス(利用普及率)

※支援学校児童数との比較ですので、滞在需要数を含めると児童数はさらに倍数近く多くなります。

事業所数の不足、さらには定員制限があるため、
全国的なサービス普及率は39%ほどです。

そこで、お一人でも多くの方にご利用いただきたく、「おもちゃ箱」の全国展開を進めております。

【児童発達支援管理責任者の研修・経過措置延長】

放課後等デイサービスの児童発達支援管理責任者について、新規に事業を開始する場合の「研修猶予の経過措置」が、平成30年3月31日に終了することになっていましたが、平成31年3月31日まで延長することになりました。

平成29年4月以降に開始した事業所の場合、平成29年4月以降30年3月までに開始した事業所の場合は、開始時より1年間の猶予になります。

平成30年4月以降に開始した事業所の場合、平成30年4月以降に開始した事業所の場合は、平成31年3月までの猶予になります。

第一期 おもちゃ箱FC加盟 ビジネスパートナー募集中! 新たなビジネス始めませんか?

募集エリア:*北海道、九州を除く。*商圏保護あり

  1. POINT01

    行政の指定事業所として安定した運営が行えます。

  2. POINT02

    子育て支援、社会に貢献できる事業!

  3. POINT03

    創業時に優位な創業融資制度、各種助成金を申請しやすい業種です。

  4. POINT04

    福祉事業が未経験の方でも開業可能です。

初期費用の融通、職員の確保、臨床発達心理士、市場調査、イベント力、最新情報伝達、ネームバリュー

FC加盟メリット

開設における資金面から運営開始後まで徹底サポート

  • 実績分与

    「おもちゃ箱」としての経営実績を、融資や行政への申請に使用可能です。

  • 市場調査

    マーケティングの上、
    希望に沿うプランをご提案いたします

  • 最新情報伝達

    忙しいオーナー様に代わって、
    法令や助成金等の各種最新情報をお知らせいたします。

  • 職員の確保

    人材確保のノウハウ提供のほか、グループ連携の求人取り組みで良質なスタッフの獲得をサポート。

  • 専門家の支援

    発達支援に関わる知識から営業方法や日常動作まで支援いたします。

  • ネームバリュー

    実態のない店舗だと不安を抱く利用者様も少なくありません。私どもには全国40事業所を開設した実績があります。

  • 行政申請支援

    本事業は国の認可事業となります。様々な申請を私どもが支援いたします。

  • 初期費用の融通

    加盟金等、初期費用の負担を
    軽減することも可能です。
    要ご相談とさせていただきます。

収支モデル Y市A店の経営実績

人口の多いY市では開業後すぐに損益分岐点へ達成し、以降も一定の収益率を保持し続けています。

収支モデル Y市A店の経営実績

ネット上に掲載するには限度がございます。

開業費用や収支等、FCパッケージの詳細をお知りになりたい方は、
お問い合わせフォーム よりお申し込みください。
詳細資料を送付の上、ご説明させていただきます。

お問い合わせはこちらから

FC開業までの流れ

  1. 説明会 / 資料請求
  2. 事業計画ご提示 / 面接
  3. 加盟契約
  4. 開設準備 / 研修
  5. 開業

契約について

加盟金 235万円 (スタンダード)

(商標利用権・研修費含む 消費税別途)

保証金 30万円

(契約満了時に返還)

会費 0万円

専門家の派遣・指導料
最新情報提供(法令改正・事故防止)

システム利用料 1.2万円

代金収納代行手数料
請求ソフト導入使用料

契約期間 5年

ノウハウを獲得した場合は、独立を積極的に支援いたします。
※独立とはFCからの離脱を示します。
契約を継続更新することもできます。更新手数料等は一切かかりません。
継続して「 おもちゃ箱」グループの一員として様々な支援が可能です。

FC加盟ご検討の場合は、必ずお読みください! このビジネスの注意点

  1. 入金が2ヵ月後

    国保連からの入金は、給付申請翌月の入金です。
    つまり、開業後の入金は2ヶ月先です。
    それを踏まえた計画を立てていきます。

  2. 定員の制限

    需要の拡大が見込まれる市場ゆえ、定員の設定がポイントとなります。物件の広さや配置する人員数等、本部がマーケティングを行いますので参考になさってください。

  3. 臨機応変な対応

    障がいを持った子ども達の療育施設です。ひとりひとり個性が違い、ひとまとめには対応できません。
    専門家が巡回し、指導員は固より家庭や学校での相談にも対応いたしますのでご安心ください。一番大切なことは、相手を理解すること。その上で的確なアドバイスを行います。

  1. 法人格の取得

    放課後等デイサービスは、法人格での設立申請が必要です。法人登記の手続きから行政への申請等、煩雑な事務手続きを本部がサポートいたします。

  2. 駐車場の確保

    下校時刻に合わせてお迎えへ行き、滞在後にご自宅まで送迎する場合、所有車の維持費がかかりますが、
    送迎することによって、「送迎加算」が上乗せ支給されます。

  3. 設立基準

    行政指定の福祉事業の為、設立基準が定められています。しかし、未経験からでもスタートできる事業です。本部がしっかりサポートいたします。

加盟検討者Q&A

社会貢献度の高い事業を始めたいのですが、知識や経験がまったくありません。
本当に開業できるのでしょうか?
フランチャイズという形態ですので、開業の手順や実際の運営方法に至るまで本部がサポートいたします。
「どこから手をつけたらいいのか」「何をどのタイミングで行うべきなのか」
「障がいを持った子どもへの接し方がわからない」等、困ったときはどんな小さな事でもご相談ください。
悩みを解消できないまま経営を続けていくのは本当にストレスです。
5年間の契約満了後はFCから脱退し、独立することも可能です。5年間で知識と経験を身に着け、
社会を支える一員として活躍していただける日を楽しみにしております。
放課後等デイサービスの“人員基準”を満たす人材を揃えるのは難しいと聞きましたが、
求人をかければ集まるのでしょうか?
開設の際に、最も重要な役割を担う方が児童発達支援管理責任者となる方です。
実務経験や保有資格・研修等の要件を満たした方を探すのは大変ですし、他社も欲しがっている人材です。
確実に人材を確保する為には、求人の方法も工夫しなければなりません。
私ども本部では、そういった加盟店様の助けとなれる様、人材確保に繋がる取り組みを行っております。
開業地と併せてご相談ください。
行政の指定事業者として認定を受けるにはどのようなプロセスを踏むのでしょうか?
放課後等デイサービスの指定申請は、開業地を管轄する都道府県(又は政令指定都市等)へ行いますが、
指定申請の要綱や提出方法等は地域によって異なります。
事業計画書や開業後の運営体制等も審査項目となり、提出する書類は膨大にあります。
すべてに一貫性と現実性が求められる為、慣れていない方は申請書の作成がとても重荷に感じるでしょう。
私ども本部では、よりスムーズに正確な申請書類を作成できるよう、ノウハウを蓄積しています。
とは言っても、肝心な加盟オーナー様が理解できていなければ何の意味もありません。
分かりやすくお伝えいたしますのでご安心ください。
ご利用者様向けの料金表に記載がある“単位数”とはどのようなものですか?
ご利用者様は、障害の種類や状況によって単位数が決められています。
また、サービスの内容や地域によって単価が決めれられています。
これらの値によって、事業計画が左右されてきますので、仕組みについても研修時に学んでいただきます。
法令改正があった際は、事業運営に影響が生じますか?
放課後等デイサービス及び児童発達支援は、児童福祉法を根拠として事業がなりたっています。
児童福祉法の改定時は特に注意が必要と言えます。
また、この他にも最低限必要な法律の知識を身に付けていただくため、簡単な解説をさせていただきます。
他社FCグループとの違いはどこですか?

先にありましたように、法令に基づいた事業ですので、
事業所の規模や営業時間・利用料金等に規定がある為、大きな違いはないと思います。

違いが出るとすれば、施設での過ごし方や従業員教育に各社の色が出てくると思われます。
“機能回復”や“知育”を謳ったプログラムの導入を義務化しているグループも中には存在しますが、
私ども「おもちゃ箱」では、そういった機械的プログラムで子供たちの成長を測ることはしておりません。
ひとりひとりの状況をみて、発達に有効なトレーニング方法をご提案し、
取り入れるようにしております。あくまでも、“ひと対ひと”のコミュニケーションを大切にしております。
子供と接する人の育成こそが永久財産だと考えるFC本部です。
これは保護者の方々の思いを受け止めた結果でもあり、
逆に、知育プログラムを望まれる保護者の方は他社さまをご紹介するケースがあり得るという意味です。

おもちゃ箱運営会社情報

社名 株式会社ToyBox
設立 平成29年6月15日
所在地 〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町1-17 明光ビル4F
役員 代表取締役 藤田伸一
行動規範 ・すべての人々が共存できる豊かな社会の創造に貢献すること
・真実に基づいた行動と、真摯な態度を貫くこと
・お客様から尊敬されるプロフェッショナリズムに徹すこと
・生きる喜びと感動を与えるサービスを提供し続けること
主な業務内容 ●障害児通所支援事業「おもちゃ箱」のフランチャイズ展開
グループ会社 Fits横濱株式会社
株式会社おもちゃ箱
ホームページ Fits横濱株式会社
おもちゃ箱ポータルサイト